story-image

モンゴルと日本の経済連携協定

2010年、モンゴルと日本との間で「戦略的パートナーシップ」による経済連携協定が締結され、合意に向けた枠組みが確認されました。

2012年以降、双方の関連省庁の官僚及び専門家が3年間に渡り7段階の協議プロセスを経て合意に至りました。

本協定の目的は、両国間の貿易・投資、モンゴルからの輸出促進及び外貨収入の増加、日本の関税および非関税障壁の削減、貿易円滑化通関を簡素化させることなどです。

協定は17の章及び10の付属書から構成されており、物品一般ルール・原産地規制、税関手続及び貿易円滑化、投資、競争、ビジネス環境の整備、協力、などが主な分野です。。

 

欧州連合による一般特恵制度(GSP)

一般特恵制度(GSP)は、経済基盤が脆弱な新興国に対してEU向けの輸出にかかる関税を引き下げるもしくはゼロにする措置を講じるものであり、EU市場への参入を容易にすると同時に経済成長を促すことを目的としています。

経済基盤が脆弱であり「良好なガバナンス体制及び持続的成長」のGSPが定める要件を満たした国々は7,200以上の物品の関税引下げの恩恵を享受できますモンゴルはこの要件を満たしており、7,200以上の物品に掛かる関税引下げ措置が適用されます。その割引は、原産地証明書に基づき割引を楽しんでいます。

般特恵関税制度

  • 原産地要件
  • 直接運送される時の要件
  • 文書の認証

欧州連合による一般特恵制度(GSP)

Import & Export guidebook

JAPAN ElIMINATION OF TARIFF ON IMPORTED GOODS FROM MONGOLIA          Татаж авах

JAPAN MONGOLIA PARTNERSHIP                                                                              Татаж авах

МОНГОЛ ЯПОНЫ СТРАТЕГИЙН ТҮНШЛЭЛ                                                             Татаж авах

МОНГОЛ ЯПОНЫ ЭДИЙН ЗАСГИЙН ТҮНШЛЭЛ                                                     Татаж авах

COMMISSION IMPLEMENTING REGULATION EU 2015-2447 - REX                         Татаж авах

EU 2006-2008 ORDER                                                                                                   Татаж авах

EU GSP HANDBOOK 2013                                                                                            Татаж авах

 

 

 

Contact Seller