社長挨拶

弊社のウェブサイトにお越しいただき誠に有難うございます。

弊社は森林における工業目的で利用されない倒木や落枝の有効活用を目的として2009年に設立されました。数年間にわたる研究開発及び実務経験を経て、串焼きやバーベキューグリル用の木炭や豆炭などの木材をベースとした各種燃料を安定的に供給する体制を整備しました。モンゴル国内での供給に加え、2018年からは東アジア地域への輸出も開始しました。。

弊社の事業をご支援、ご協力くださっているお客様並びにアジアとヨーロッパのビジネスパートナーの皆様にこの場をかりて厚く御礼申し上げます。

引き続き皆様のご要望にお応え出来るよう精進して参ります。。

今後ともご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

МСРТ株式会社 代表取締役社長  D. BYAMBADASH(D. ビャンブダシ)

社長挨拶
事業沿革

事業沿革

森林整備における枯死木や倒木の有効活用による木炭や木製品の生産・輸出を行うという事業フレームワークに関して、創業メンバーは以下のような研究開発及び取り組みを行って参りました。

(1)2002年から2015年にかけて様々な種類の木材を炭化するための生産テストを繰り返し改良を加えてきました。その結果、低コストかつ優れた技術を習得。。モンゴル特許庁に対して特許の申請を行い、2018年05月に三種類の知的財産権が認可されました

(2)西暦2011〜2018年には、活性炭の生産に関する最新技術の調査研究を行いました。

(3)モンゴルの自然環境・グリーン開発省、森林研究開発センター、科学技術大学などによる研究報告や統計資料などに基づき、天然原料の活用ポテンシャルについて調査を実施。加えて、ロシアのイルクーツク州、ブリヤート共和国といった中央シベリアの56社の木材生産企業の協力を受けて、2012年から2015年にかけて原木をモンゴルに輸入し、炭を生産するという実証実験を行い、良好な成果を出しました。

(4)2008年から2017年にかけて輸出市場に関するマーケティング調査を実施。欧州連合や米国、中華人民共和国、韓国、日本、オーストラリア等の政府機関が実施した調査や統計、またマーケティングリサーチ機関が作成したレポート及び国連による報告書などを分析・調査しました。

 

現在、弊社は羊肉のケバブやバーベキュー、串焼きといったグリル料理に使用するための高品質のオガ炭や豆炭といった成形木炭を生産しています。また、ウランバートル市内の弊社の小売店舗でゲル地区に居住する家庭向けに木炭を供給しています。

弊社の木炭や成形木炭の製品品質が東アジア及び欧州地域に置いて要求される品質基準を満たしていることが確認されたことから、2018年より東アジアの諸国に対する輸出を手掛け始めました。

会社概要

MCPT株式会社は2009年に森林における工業目的で利用されない倒木や落枝、木材製品加工の過程で生じるおが屑や木片などの有効活用を目的として設立されました。現在、モンゴル国内はもとより海外に向けても安定的に木炭を供給可能な体制を整えました。

森林保全に関する国家方針、枠組み及び「森林健全化プログラム」(政令第30号)の施行に則り、弊社は生産及び製造に取り組んでいます。森林の整備の過程で発生した枯死木や倒木、落枝を再利用し、2段階の生産プロセスを取っています。また、モンゴルの自然省の森林研究所及び環境、観光及び森林組合などの団体と協力関係を構築しています。

弊社の活動はモンゴル政府から正式な支援を得ており、特に輸出促進プログラムへの参加により「グリーン証明書」及び「エコマーク」を授与されています。

会社の生産、マーケティング及び販売を担うマネジメント・チームは総勢6名。モンゴルの環境に優しく、輸出志向の森林加工ビジネスを発展させるためにそれぞれが12〜16年の豊富なキャリアを有しています。          

MCPT株式会社はドイツのGIZ(ドイツ国際協力公社)、日本国のJICA(独立行政法人国際協力機構)、JETRO(日本貿易振興機構)などの外国政府機関と緊密に連携しています。弊社は、以下の組織のメンバーです。

  • モンゴル国商工会議所;
  • モンゴル固体燃料生産者協会
  • 日本国の社団法人全国燃料協会・木炭新用途協議会;
  • モンゴル・日本ビジネス協議会;
  • JETRO(日本貿易振興機構)
  • モンゴル・ドイツのビジネス協会;

会社概要

Contact Seller